banner

menu menu shop menu menu menu

コーヒー豆専門店の通販で“飲みやすい”コーヒーをお取り寄せ!スペシャルティコーヒー・シングルオリジンコーヒーはギフトにもおすすめ!〜日本ではいつからコーヒーを飲んでいる?〜

コーヒー豆専門店の通販なら「ぽれ珈琲」
〜自家焙煎の“おいしい”スペシャルティコーヒーを販売〜

コーヒー豆専門店の通販なら「ぽれ珈琲」〜自家焙煎の“おいしい”スペシャルティコーヒーを販売〜

コーヒー豆専門店通販を利用する事で、ご自宅にいながら“おいしいスペシャルティコーヒーをお召し上がり頂けます。

「ぽれ珈琲」では、世界中の様々な産地のシングルオリジンコーヒーも販売しています。様々なコーヒー豆を楽しんでみたいという方も是非ご利用ください。

コーヒー豆専門店の通販で“飲みやすい”シングルオリジンコーヒーを購入するなら

コーヒー豆専門店の通販で“飲みやすい”シングルオリジンコーヒーを購入するなら

コーヒー豆専門店の通販を利用するなら、本格的なシングルオリジンコーヒーを販売する「ぽれ珈琲」をご利用ください。

世界中から厳選したコーヒー豆を取り扱っており、甘さがあり“飲みやすい”コーヒーも販売しています。コーヒー好きの大切な方へのギフトにもぴったりな商品です。環境配慮のため簡易包装を心がけていますが、ギフトボックスなどにも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

コーヒー豆専門店の通販で自家焙煎のコーヒー豆を購入する際は、こだわりのコーヒー豆を提供する「ぽれ珈琲」までお問い合わせください。

日本ではいつからコーヒーを飲んでいる?

海外の歴史では、古くは10世紀からコーヒーについての記述があります。コーヒーが飲み物として発見されたのは、13世紀に入ってからと言われています。海外で普及したコーヒーが日本に伝わったのは、まだ鎖国中の江戸時代初頭でした。

しかし、コーヒーは最先端の飲み物だった事もあり、外国人に接触出来る限られた人物だけがその味を楽しめたようです。当初はなかなか普及しなかったコーヒーに転機が訪れたのは明治時代に入ってからです。文明開化の幕開けでもあったこの時代、日本では西洋文化を積極的に取り入れるようになり、洋食やコーヒーを口にする機会も増えていきます。

さらに東京・下谷黒門町では日本で初めてのコーヒー店が開店し、明治の中頃になると低価格でコーヒーを提供するカフェも登場するなど、多くの日本人に親しまれていったのです。

そして、戦後コーヒー豆の輸入が再開すると、日本独自のコーヒー専門店の時代が到来しました。小さな自家焙煎店も次々登場し、一般のご家庭でもコーヒーが飲まれていくようになりました。

お役立ちコラム

コーヒー豆専門店の通販を利用するなら

ショップ名 ぽれ珈琲
所在地 〒326-0143
栃木県足利市葉鹿町1239-3
連絡先(電話番号) 0284-22-3724
URL http://pole-cafe.com

Copyright© 2009-2015 ぽれ珈琲 all rights reserved.