コーヒー豆を自家焙煎する栃木の「ぽれ珈琲」!群馬や埼玉からもお越し いただいております~コーヒーの味を決める要素~

Pocket

自家焙煎のコーヒー豆をお求めなら栃木の「ぽれ珈琲」へ!
~群馬や埼玉の方もお気軽にお越しください~

自家焙煎のコーヒー豆をお求めなら栃木の「ぽれ珈琲」へ!~群馬や埼玉の方もお気軽にお越しください~

コーヒー豆自家焙煎している栃木の「ぽれ珈琲」では、世界各国から厳選したコーヒー豆を販売しております。

焙煎前と焙煎後にハンドピックを行い、欠点豆を取り除いているため、安心してお買い求め頂けます。また、店舗ではテイクアウト用のコーヒーも販売しています。ジャコウネココーヒーをはじめとした『動物のコーヒー』は一つの店で5種類お楽しみただける、世界でも類を見ないコーヒー専門店です。

テイクアウトコーヒーを召し上がりながら、ゆっくりコーヒー豆をお選びいただくことも可能です。栃木の方だけでなく、お隣の群馬埼玉のお客様もお気軽にお越しください。

コーヒー豆を自家焙煎する「ぽれ珈琲」は通販も展開中!
~専門店の味をご自宅でもお楽しみください~

自家焙煎のコーヒー豆を提供する「ぽれ珈琲」では、コーヒー豆の通販も行っています。自宅でもおいしいコーヒーを味わいたい、自家焙煎のコーヒー豆でお客様をおもてなししたいという方は「ぽれ珈琲」の通販をご利用ください。

専門店が丁寧に焙煎したコーヒーをご自宅でお楽しみ頂けます。消費者がおいしいと評価して満足するコーヒー(=スペシャルティコーヒー)をお楽しみください。シアトル系コーヒーやサードウェーブで物足りない方、ジャコウネココーヒーをお探しの方、ぜひ一度「ぽれ珈琲」のスペシャルティコーヒーをご賞味ください。

コーヒーの味は原料と焙煎で決まる

コーヒーの味は苦味・酸味・コクで決まる

コーヒー豆のテロワール(コーヒー農園の気候・地勢・土壌の個性)や品種、精製プロセスなど、 原料に関する品質と適切な焙煎の2つでコーヒーの味は決まります。コーヒーはあくまでも嗜好品ですので、 いろいろなコーヒーを飲み比べてみた上で、ご自分に合ったコーヒーを見つけるのが一番だと考えます。その味を示す主な要素となるのが、苦味・酸味・コクの3つです。

コーヒーの味として第一に思い浮かぶのが苦味だと思います。苦味の程度は人によって好みが違います。焙煎が深いほどコーヒーの苦味が増すため、苦味を基準に選ぶ際は焙煎の度合いに注目してみてください。

次にコーヒーの酸味とは、お酢やレモンのような刺激的な酸味ではなく、爽やかでみずみずしい酸味の事です。この酸味が味のアクセントになっています。最後にコーヒーのコクとは、飲んだ後に感じる味の余韻を示す要素です。コクが少ないコーヒーは後味がすっきりしており、コクが強いコーヒーは飲んだ後もしばらくコーヒーの風味を楽しめます。

また、香ばしいコーヒーの香りやスペシャルティコーヒーの特徴である甘さの感覚も良いコーヒーの目安となります。コーヒーの科学も急速な勢いで進化しています。高品質の原料と適切な焙煎を心がけているお店を探してみましょう。

どのコーヒーを選べば良いのかわからないという場合は、コーヒーマイスターやアドバンスド・コーヒーマイスターのいる店で適切なアドバイスを受けて、好きな味を探してみてください。