『コピ・ルアク』誕生秘話

Pocket

1602年に設立されたオランダ東インド会社は、

増大するコーヒーの消費量に対して

イエメンだけの産地だけでは需要に追い付かなくなったため、

自国の植民地にコーヒープランテーションを作り始めた。

1712年に初荷が出荷され、「植民地コーヒー」が誕生したのである。

コーヒー栽培は急速にオランダ東インド会社の一大収入源となった。

当然収穫されたコーヒーは全てオランダが自国へ輸出されてしまうが、

輸出に回されないコーヒーがあった。

それは野生のジャコウネコが完熟チェリーを食べて、

フンと一緒に排出された種(パーチメント)だったのである。

地元の農民たちはそれを拾い集めて、

自分たち用のコーヒーとして飲んでいたのである

ある日、オランダ商人たちは農民たちが飲んでいる

コーヒーの香りがいいことに気づき、確かめたところ、

ジャコウネコがフンと一緒に出したコーヒーだったのである。

『コピ・ルアク』の誕生である。

こうして世にも不思議な飲み物が登場することとなった。

(引用:アタカ通商㈱HP)

ぽれ珈琲『動物のコーヒー』ウェブサイト

 

????????????????????????????